コンピュータは働きたくて、いつもウズウズしています!   Data + Automation = Datamation
TEXT_SIZE

504 因子分析プログラム

因子分析プログラムは、m行×n列で表される多次元情報の中に潜む相互に関係する要因を明確にするときに使用します。


サンプルデータ・A ~ 実データの場合

分析用のデータ表のうち、左上のセルに入力した内容が、次の出力結果の「●●因子分析結果」の「●●」部分に反映されます。
この場合では、範囲指定した表の左上に「会社指標」と入力したので、出力結果の冒頭に「会社指標因子分析結果」として表示されています。


設定画面・A ~ 実データの場合

アドイン接続を終え、メニューの「因子分析」をクリックすると、次のように、設定画面が表示されます。

データの行列:

因子分析を行うデータをマウスでドラッグして範囲選択します。
範囲選択できるデータ行列は最大で、50変数×300行です。

データの種類:

「観測データ」サンプルデータAのように実データの場合は、こちらを選択します。

「相関データ」サンプルデータBのように相関係数行列の場合は、こちらを選択します。

先頭の行と列のラベル:

データの行列でデータラベルを含めて範囲した場合は、「共にあり」をマウスでクリックして選択します。
データラベルを含める場合は、行列共にデータラベルが必要です。

共通因子数の設定(max):

共通因子を(最大で)いくらにするか、数字を入力して設定します。

バリマックス回転の有無:

バリマックス法により軸の回転を行う場合は、「あり」をマウスでクリックして選択します。

共通因子負荷量の降順ソート:

共通因子負荷量を降順に並べ替える場合は、「あり」をマウスでクリックして選択します。

出力先:

出力を開始したいセルを1か所マウスでクリックして選択します。

設定が済んだら、「開始」ボタンをクリックします。
「中止」ボタンをクリックすると、操作を中止します。


出力結果


サンプルデータ・B ~ 相関係数行列の場合


設定画面・B ~ 相関係数行列の場合


出力結果・B ~ 相関係数行列の場合


参考

解法手順は次の通りです。

  • データ行列の読込みと標準化処理
  • 標準化したデータ行列の逆行列の計算
  • 固有値と固有ベクトルの反復計算
  • 因子負荷量、因子回転の反復計算
  • 結果の出力処理データ行列の読込みと相関係数の行列の算出

アドインプログラム販売価格: ¥2,000.- 
※販売のみを行っております。ご質問対応等のサポート及び改変は承っておりません

ご注文はこちらから。別途、注文フォームが開きます。

VBAソースコード販売価格: ¥60,000.-
※コードの内容は、上記標準版の内容の通りです
※サポート・ご質問の対応・改変のご依頼を承ることはできかねます


デモンストレーション用 Excel形式マクロファイル ダウンロード

▲動作環境・アドイン接続方法など▲

動作環境

日本語版Windows用 日本語版Microsoft Excel2003以降(推奨)が快適に動作するパソコン。
Excelのアドイン「分析ツール-VBA」のアドイン接続を必ず行い、マクロを使用可能にして下さい。
その他は、Microsoft Excelの仕様に基づきます。

なおMicrosoft社によるサポートが終了したバージョンのExcelを使用したときのいかなる障害・損害・不便などにおきましては、当方では責任を負いかねます。
予めご了承ください。

アドイン接続方法・
ソフトウェア使用許諾

addman03     addman07

※Excel2016・2019も右側の「Excel2007・2010・2013用」をお選びください

    get adobe_reader

※カスタマイズは対応不可となりました(2019年1月)

お支払方法・納品方法などについては……

特定商取引に関する法律に基づく表記をご覧ください。

Excel用アドインプログラム