512 判別分析プログラム

  • 印刷

判別分析プログラムは、グールプの分け方を判定するときに使用します。


サンプルデータ

サンプルデータ


設定画面・A

サンプルデータ

グループ変数Yの1列:

判別分析の対象となる目的変数(グループ化された変数)をマウスでドラッグして、範囲選択をします。
なおカテゴリーデータの場合は、数字(1、2、3……)に直してください。
なおデータ行数(ケース数)は最大で1,000行までです。

独立変数Xのデータ:

独立変数(説明変数)のデータ範囲を、マウスでドラッグして範囲選択をします。
なお独立変数の範囲には数値データのみが有効で、最大100列×1000行までです。

ステップワイズ法の変数:

ステップワイズ法により変数選択を行う場合は、「選択する」をマウスでクリックして選択します。

出力先:

出力を開始したいセルを1か所マウスでクリックして選択します。

設定が済んだら、「開始」ボタンをクリックします。
「中止」ボタンをクリックすると、操作を中止します。


出力結果・A

設定画面 パラメータ


設定画面・B ~ ステップワイズ法の変数選択の場合

「ステップワイズ法の変数」で「選択する」を選んだ場合は、有意水準の指定を行います。


出力結果・B ~ ステップワイズ法の変数選択の場合


サンプルデータ・B ~ 3グループ以上の場合


設定画面・C ~ 3グループ以上の場合


出力結果・C ~ 3グループ以上の場合

誤判定されているケースは、判別結果の部分にオレンジ色で塗られます。


アドインプログラム販売価格: ¥2,500.-(税込) 
※販売のみを行っております。ご質問対応等のサポート及び改変は承っておりません

ご注文はこちらから。別途、注文フォームが開きます。

VBAソースコード販売価格: ¥60,000.-(税込)
※コードの内容は、上記標準版の内容の通りです
※サポート・ご質問の対応・改変のご依頼を承ることはできかねます


デモンストレーション用 Excel形式マクロファイル ダウンロード